カメラ3年生になりました。いつもなんとなく写真の事を考えていますが、そのわりに上達しません(泣)。リンクフリーです。


by yuko-0422
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アモーレの国

アモーレ(愛)の国イタリアでは、こんな写真が、結構、簡単に撮れちゃいます!

f0172289_23271712.jpg



なんせ、360度見回れば、必ずと言っていいほど、こんなシーンが目に飛び込んできますから。
しかも若い人達だけでなく熟年カップルもこんな感じ




でも幸せだったカップルにも…
時には、こんな悲しい別れも…


f0172289_23303961.jpg






な~んて!

ミラノですっかり買い物モードに入ってしまった私を待ちくたびれて、眠りこけていたダンナとただの通行人でした!




次回は、「美食の街」ボローニャ画像の予定です。




ランキングに参加しています。
何かを感じてもらえてたら、ポチッと一押し願います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuko-0422 | 2009-03-21 16:43 | 2008ITALY | Comments(4)

ナヴィリオ散策

こちらは、ドォーモ周辺からは、やや離れた場所の運河沿いにあるナヴィリオ地区。
観光客の姿はあまりなく、地元の若者達のお洒落なデートスポットという感じの場所です。
お洒落な雑貨屋や古着屋、地元の人達に人気のレストランがたくさんあって、札幌でいうと円山の裏参道みたいな感じかな。

f0172289_20504398.jpg





f0172289_10164815.jpg

のどかな昼の運河…


f0172289_10143639.jpg

夕方の運河もなかなかいい感じ…

(○○さん、やっぱり斜め写真はダメですか?^^;)





運河といっても、堤防は落書きだらけだし、水面は、ゴミがたくさん浮いてるし…正直、あまり綺麗ではないので(ここと比べると小樽運河は脅威的なくらい綺麗です)空き瓶やら落書きやら…汚いものばかり撮ってきて、ダンナに呆れられました[m:206]

f0172289_13564537.jpg


f0172289_1445095.jpg


f0172289_144592.jpg



f0172289_14452537.jpg

       落書きも外国語で書いてあるとなんとなく写真的に許せる気
       がするのは私だけ?





f0172289_15161650.jpg

           運河沿いで開催されていた蚤の市にて…
           ストッキングの陳列方法が妙に面白かったので
          



f0172289_14453865.jpg

  運河沿いにあったレストランのショーウインドウ。
  猫の形をしたコルク抜きなんて可愛い!

  

そして…

ナヴィリオで出会ったイケメン(?)達…

f0172289_2051649.jpg


f0172289_22173591.jpg





…と、まあ、こんな感じで、
ダンナがサンシーロでミラン戦を観戦中、私は一人のんびりと、カメラ片手にナヴィリオ散策を楽しんだのでした。




ランキングに参加しています。
何かを感じてもらえてたら、ポチッと一押し願います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuko-0422 | 2009-03-20 23:37 | 2008ITALY | Comments(1)

f0172289_1085899.jpg




ランキングに参加しています。
何かを感じてもらえてたら、ポチッと一押し願います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuko-0422 | 2009-03-18 22:54 | 2008ITALY | Comments(2)

ミラノグルメ

ミラノで食べた美味しいものを店名と共にご紹介…

f0172289_22502358.jpg



ミラノに着いて最初の食事は、夜9時を過ぎていた為に、軽くさっと済ませられるものにしようと、ホテルの近くにあるピッツェリア『Spontini』へ。


    ところが…!

f0172289_23151486.jpg



いきなりこの行列!
イタリアで最初の食事で、いきなり並ばなければならないとは…orz[m:79]

因みにイタリア人は、いくら人気の店でも、日本人のように並んでまで食べるという事をあまりしないのですが…(というより日本人の「並び好き」が異常なのかも)
そのイタリア人が並んでまで食べるこの店は、今のミラノでたぶん人気No.1のピッツァだと思われます。


f0172289_011473.jpg

              
メニューにあるピッツァは、マルゲリータ1種類のみ。
後は、ドリンクしか置いていません。
それだけ自信があるという事でしょう。
巨大サイズの円形ピッツァを何等分かに切り分けた一切れが一人前なのですが、それでもかなりのボリューム!
そしてパンのようにふかふかの生地がここのピッツァの最大の特徴。
でも底は揚げたようにカリカリなのです。
このふかふか&カリカリの食感は、病みつきになります!




『Spontini』のピッツァは、ミラノでは、ちょっと変わり種かもしれませんが、こちら『Ischia』は、オーソドックスなピッツァを出すピッツェリア。
だけど、ピッツェリアなのに、予約無しでは入れないという程の人気店です。

f0172289_10332530.jpg

店内は、テーマパーク内のレストランのようなややぶっとんだ内装だけど、メニューにあるピザは、ごくオーソドックスなものばかり。


f0172289_10334429.jpg

オーダーしたピッツァは、「カプリチョーザ」と「クアトロフォルマッジ」
どちらも顎が疲れる程の噛み応えのある生地に、たっぷりのチーズとトッピングが乗っていて、とても美味(o⌒¬⌒o)





ピッツェリア画像が続きましたが、なにもピッツァばかり食べていたわけではありません^^;
ちゃんと普通のレストランにも行きましたよ。





ミラノは都会なので、地元であるロンバルディア州の郷土料理店の他にも、いろんな地方の郷土料理店が存在します。
(都会になればなる程、レストランの選択肢が多くなる、というのは、日本でも同じ事ですよね)
だから私は、ミラノでは、そんな都会の利を生かして、敢えて、行った事の無い地方の郷土料理店に行くのが好きです。



f0172289_22561240.jpg

サルデーニャ州の郷土料理専門店『Baia Chia』です。
この地方は、からすみが特産物なのか、メニューには、からすみを使った料理がいろいろありました。
日本のイタリアンで何度か食べた事のあるからすみのパスタとは比べ物にならないくらい、からすみをたっぷり使っていて、濃厚なお味でした~(o⌒¬⌒o)
とっても美味しかったので、ミラノ滞在中に2回行って、メニューにあったからすみメニューは全制覇してきました。

f0172289_22571521.jpg

で、一番、気に入ったのが上の画像の「からすみのニョッキ」です。


f0172289_22564029.jpg

ムール貝のパスタもほっとする味で美味でした。


f0172289_2256216.jpg

別腹デザートも勿論オーダー。



一人でも入れそうなアットホームな雰囲気もいい感じでした。






シチリア州の郷土料理店『Trinacria』です。
何度か前のイタリア旅行の時に、ここに初めて行って、その味に感動して以来、イタリア旅行での最後の夜のディナーは、この店と決めています。
「終わり良ければ、全て良し」なので、最後の日のディナーは、絶対に外したくないので。


f0172289_2393895.jpg

私がこの店で絶対に外せないのが画像上のイワシのパスタです。
でも、ウイキョウの風味が効いたかなり個性的な味と食感のパスタなので、好き嫌いは別れるかも…


f0172289_23102670.jpg

そして、これがこの店の看板パスタと思われる茄子のパスタです。
ほっとするような優しいトマト味が美味。


f0172289_235224.jpg

そして、なんといっても〆は、画像上の「カンノーロ」
シチリア地方の代表的なドルチェ(デザート)です。
固いクッキーのような食感の生地の中には、チーズクリームがぎっしり。
手に取ると、ずっしりとくる程のボリュームで、甘みもかなり強いのですが、これを食べないとミラノに来た気がしません。





ランキングに参加しています。
何かを感じてもらえてたら、ポチッと一押し願います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuko-0422 | 2009-03-16 23:21 | 2008ITALY | Comments(2)

ミラノの色

11月のミラノは、街にあまり色がありません。
花の季節は過ぎているけど、クリスマスの飾り付けが華やかな季節には、まだ早い…


f0172289_2149336.jpg

そんなミラノの街で、唯一咲いているのを見かけたスカラ座広場の薔薇の花…


次回は、花がたくさん咲いている季節に行きたいな…

…とは言うものの、一番ミラノらしい写真は、季節に関係無く撮れる、お洒落な店のショーウインドウ写真のような気もするのです。

そんなわけで本物のセレブが行き交うモンテ・ナポレオーネ通りやスピーガ通りに、小汚い格好でなぐり込み(?)ショーウインドウ撮影を敢行!



以下の画像がその一部です。
ガラス面に写り込む街並は、PLフィルターで多少は消えているのですが、完全には消せませんね…


f0172289_14433820.jpg

日本人にも大人気の「ドルチェ&ガッバーナ」
店内から店員が怪訝な顔つきでずっとこっちを見ていましたが、(通行人に見せる為のショーウインドウを撮って何が悪いんじゃ!)と心の中で叫びつつメゲずに撮影。




f0172289_11312235.jpg

ハート型のドアノブがめちゃくちゃ可愛い「モスキーノ」




f0172289_14525057.jpg

「アンテプリマ」には、女心をくすぐるキラキラがいっぱい。
私は、ミラノ滞在中、3回も行ってしまいました^^;




そして、ブランド名は分かりませんが、お洒落だと思ったショーウインドウ。


f0172289_21481880.jpg




f0172289_11452121.jpg







旅行に出発する迄はミラノではショーウインドウ写真をたくさん撮ろうと心に決めていたのに、
実際にミラノに着いたら、何故だか、その事が頭からすっぽり抜けてしまいまして^^:
(たぶん、どこかで気持ちが舞い上がっていたのでしょう)
帰国当日になって慌てて撮りました。
次回のミラノでは、もっとたくさんショーウインドウ写真を撮りたいです。




ランキングに参加しています。
何かを感じてもらえてたら、ポチッと一押し願います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuko-0422 | 2009-03-15 16:34 | 2008ITALY | Comments(0)

今頃、イタリア旅行記…

さてさて…

撮ってきた写真を早速ここにアップしたいところだけど、
写真撮りに出掛けるには、ここ札幌はまだ寒いので(←自分に言い訳)
暖かくなる迄のあとちょっとの間、去年の11月に行ったイタリア旅行の写真をアップしていきたいと思います。




f0172289_23594694.jpg


今回は、ミラノから入って、ボローニャ、ベネチアと鉄道を使って移動し、またミラノに戻るという旅程で動きました。

まずは初日のミラノ画像から…




ミラノで最初に向かったのは、やはりドォーモ(大聖堂)周辺。
近くには、プラダ本店の入ったガレリアや高級ブランド店が軒を連ねる通りがあり、観光客でごった返す地区です。

f0172289_14411935.jpg


f0172289_0225340.jpg

   壮大なドォーモやガレリアの巨大アーケードは、一見の価値あり!


f0172289_14394437.jpg

                      ガリレア内のプラダ本店


f0172289_20311420.jpg

                   長い伝統のあるミラノのカフェ





ミラノで出会った若者達…

f0172289_20562897.jpg

                 イケメンストリートミュージシャン


                   
f0172289_20575750.jpg

                    キュートな風船売りの女の子



   
f0172289_14523879.jpg

    ミラノの秋の風物詩でもある焼き栗売りの屋台です。
    日本の焼き栗よりずっと安くて量もたっぷりだけど、味には、当
    たり外れがあり…

    
    

 
f0172289_1451798.jpg

『スカラ座』前で撮影していた人を背後から盗み撮り。
車と人の往来がこんなに激しい場所で三脚を立てて撮影するなんて見上げたフォトグラファー根性!
世間一般的には、はた迷惑な変わり者と思われるのでしょうが(数ヶ月前の私なら、たぶんそう思った)今の私は、こういう「写真バカ」を見ると、ちょっと嬉しくなるし勇気づけられます。





ランキングに参加しています。
何かを感じてもらえてたら、ポチッと一押し願います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuko-0422 | 2009-03-14 18:19 | 2008ITALY | Comments(3)

はじめに…

去年の夏、貰い物の古いコンデジで、偶然、立ち寄った水族館のお魚達を写した…

カメラのシャッターというものを自分の意思で積極的に切ったのは、その時が殆ど初めてだったような気がするけれど、何故だか可笑しくて堪らず、笑いこけながら、無我夢中でシャッターを切り続けた…

思えば、あれが私と写真との出会い。

その時以来、あっという間に写真にハマり、秋には、もう一眼レフを手にしていた…


f0172289_2328280.jpg




なんとなく下降線を辿り始めていたように感じていた毎日が写真との出会いで息を吹き返した気がします。


この先、例え、辛い事や悲しい事があっても、ファインダー越しの景色には、変わらない幸せを感じ続けていける…

だから、一生、写真は続けていきたい
…そう思ってます。


そんな私の想いが詰まった拙い写真に、何かを感じてくれれば、とても嬉しいです。




ランキングに参加しています。
何かを感じてもらえてたら、ポチッと一押し願います。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村
[PR]
# by yuko-0422 | 2009-03-14 17:07 | ごあいさつ&お知らせ | Comments(4)